カテゴリー: 雑記

鋼の錬金術師 完結編「復讐者スカー」の感想

もうすぐ「最後の錬成」も公開されるので、忘れないうちに感想を書いておきます。

2017年の実写映画の続編というスタンスですが、ぶっちゃけこの完結編だけで十分楽しめます。

この「復讐者スカー」では、スカー初登場から、リンとの共同作戦でグラトニーを捕まえたはいいものの、グラトニーが暴走してエド・リン・エンヴィがグラトニーに飲み込まれたところまで描かれていました。

あらすじを紹介しますね。(ネタバレでしかない)

前半のあらすじと感想

冒頭はセントラルに向かう列車の中。

車内で倒れているリンをエドが踏んづけそうに…

行き倒れというパターンは同じでも、南部から中央へ向かう列車の中とは…

リンがエドのアップルパイを全て平らげ(ウインリィの手作り?よもや、イズミ師匠?)たところへ、列車ジャックのテロリスト登場。

リンにちょっかい出そうとしたところを、フー爺さんとランファンにやっつけられます。

テロリストの目的は、この列車に乗ている「軍のクソ野郎」の命。

列車を暴走させる仕掛けをしたと聞いて、エドは列車の上を走って機関車へ行こうとしますが、風にあおられ…

落ちそうになった彼を助けたのは、前作でマスタングに倒されたと思っていたエンヴィー。

エンヴィーが何度殺しても生き返る人造人間ホムンクルスと知ったリンたちは、彼にターゲットロックオン。

主人公そっちのけで繰り広げられる捕り物劇。

あっけにとられるエドとアルでしたが、中央セントラル駅はもう目の前!

エドは、錬金術でレールの先端を駅の天井へ向けることで、列車が駅に衝突するのを防いだのでした、

なんとか事なきを得たところへ、マスタング大佐登場。

軍に連行されるところを逃げ出したテロリストに向かって、炎の錬金術発動。

前作と違って、指先から火炎放射じゃなく、ちゃんと錬成光と火花による爆炎。ヽ(^o^)丿

そして、テロリストのターゲットである、列車に乗っている「軍のクソ野郎」とは、キング・ブラッドレイでした。

ロングコートを着て、列車から出てくる姿のカッコいいこと!

さすが舘ひろし。見惚れてしまいます。

そして、エドとアルは、大佐からスカーのことを聞かされます。

2人の護衛は、ファルマン准尉とブレダ少尉。

そうなんです。今回マスタング組は全員登場しているんです。(ホークアイさん以外は、ほとんどモブ扱いですが)

2人を撒いたところで、今度は、道端で行き倒れているメイを発見。

リンのこともあり、関わるな・拾うなというエド。

結果、食べ物を恵むことに。(ここら辺のくだりはラッシュバレーでのリンのパターン)

メイは、「鋼の錬金術師」に恋焦がれる乙女という設定ではなく、単純に彼女を助けたアルに感謝と好意を寄せ、エドを人でなしのチビと罵るのでした。

「チビ」と呼ばれてブチ切れるパターン、ここで再現!

エドとメイの追いかけっこスタート。

わめきながら走る山田涼介。

片言で罵詈雑言ばりぞうごんをぶつけるメイが可愛い。

メイが助けを求めたのは、なんとスカー。

エドは、そこでいったん引きます。

礼を言って立ち去るメイ。(結果食い逃げ)

そこへ、憲兵がエドの名を呼んでやってきたところから、エド・アルとスカーの戦いが始まります。

戦闘シーンは、かなり忠実に原作を再現していました。

「シン・ウルトラマン」のメフィラス役で話題の山本耕史さん演じる、アームストロング少佐の華麗な錬金術も再現。

ホークアイ中尉の「雨の日は無能なんですから」のシーンもありましたよ。

しかし、ご本人はかなりお気に入りのようでしたが、ディーン・フジオカでは、間の抜けた顔をしてもカッコよすぎて、大佐の可愛らしさは再現できず。

壊れた機械鎧を修理するため、エドは単身リゼンブールに帰るのでした。

アームストロング少佐、アルを担いで同行するんじゃないんだ。

スカー逃亡中だけど、エドの護衛なし。(鎧が同行しないから目立たないと判断したか?)

アルは、ホテルでお留守番のようです。

ロックベル家に到着したエドを迎えたのは、ウインリィの悲鳴と怒号。

特急で修理依頼するエドに、彼女は、順番に並べと言います。

ウインリィの指指す先には、治療や修理、メンテンナンス待ちの患者さんがずらり。

原作にはない表現だけど、腕のいい技師なら、こういう光景はあってもおかしくないよね。

修理を終えたエドは、お母さんの墓参りへ。

そこで、ホーエンハイムと再会します。

ここのシーンも再現率高い。

FMAの1期オープニングアニメを彷彿させます。

帰り道、エドにちょっかい出すホーさんのシーンまで再現してる(笑)

翌朝、ロックベル家を去る間際、ホーエンハイムはクセルクセスのことを話題にあげて、立ち去るのでした。

それが気になったエドは、単身クセルクセス遺跡へ。

そこで、イシュバール人に取り囲まれ、例の件を聞かされるのでした。

微妙に原作と違うけど、無理のない流れで進んでいきます。

後半のあらすじと感想

ところで、スカーはといえば、逃げ込んた地下水道で、グラトニーとエンヴィーに襲撃されます。

そこへまた、リンたちが乱入して、てんやわんや。

爆発を起こして逃げますが、下水道を流れてきた彼を救ったのは、イシュバール人のスラムにたどり着いていたメイ。

意識を失なっている間に観た夢とか、師父に説教されるシーンもありましたよ。

賞金稼ぎを倒してスラムを離れますが、ヨキは登場しませんでした。

セントラルに戻ったエドは、リンの提案でホムンクルス生け捕り作戦を実行。

という事で、ウインリィがスカーに銃を向ける、あの名場面になります。

このシーンは、見ていて涙出ましたね。(荒川先生も、お気に入りのシーン)

そして、グラトニー捕獲。

マンホール蹴破って、リンが登場するシーンがめちゃくちゃカッコいい。

大佐の隠れ家で、エドはホークアイ中尉にイシュバールの話を聞きます。

キンブリーの名言シーンを期待していましたが、残念ながら、ただの爆弾狂でした。

ところで、メイの相棒シャオ・メイも、登場しているんですよ。

原作そのままの、手乗りパンダ。

アルは、メイがシャオ・メイの飼い主だと知ります。

そして、メイの後をつけ、スカーの居所を確認。

エドとアルは、メイが買い出しに出たところを見計らって、乗り込みます。

ここは、合成獣のおっさんたち抜きで、バズクールの再現でしたね。

そして、ウインリィが登場する都合上、彼女を大佐とホークアイ中尉が連れてきたという設定に。

おや、グラトニーほったらかし?

と思ったら、隠れ家からグラトニーが大佐を追って脱走したという展開に。

グラトニー乱入で、現場は大混乱。

そして、ここで大佐が負傷。(しかも、ご丁寧に、またしても腹)

けが人である大佐とウインリィを避難させようとするエドを助けたのは、スカー。(何だこの展開。スカーらしくないぞ)

暴走するグラトニーを回収するために、エンヴィー登場。

そして始まる人造人間ホムンクルスとエドたちの戦い。

場所こそ違えど、原作通りの展開で、グラトニーがうっかりリンと一緒にエドとエンヴィーを飲み込んじゃいます。

ここで、終わりかと思ったんですがね。

グラトニーの腹の中で、エドとリンが合流し、エンヴィーが本性を現そうかというところで、「最後の錬成」の予告が入ってエンドロールとなります。

続編の予告いる?テレビの特番のような安っぽさ。

しかも、ワンカットの連続で何が何だか…

復讐者スカーの感想

突っ込みどころや、いろんな意味で笑えるシーンがいっぱいあって、映画としてとても楽しめる内容でした。

原作と違うところを探しながら見れるというのは、ファンの特権。

原作は、例えチョイ役であっても何かしら役割があり、無駄な登場人物がいないという作品。

主要なキャラだけで、原作と同じ展開にどう持っていくか、監督も相当苦労されたんではないかと思います。

なので、キャラたちの奥深いところまで踏み込んだ場面を映像化できないというのは、仕方のないことですね。

前作に比べると、再現率が登場人物の見た目だけでなく世界観までと、かなり高いので、コスプレ映画と揶揄されながらも、それを極めていると思います。

なので、前作のように途中で興ざめすることなく、ハガレンの世界を楽しめました。

さて「最後の錬成」ですが、お父様との対面から始まり約束の日までと、こちらもかなり盛りだくさんな内容。

イズミさんやアームストロング少将もまだ出てきていないので、この人たちをどうやって出すのか気になります。

少なくともブリッグズ砦の映像はあったので、北には行くんだろう。

名場面だらけな原作の、どこがカットされるのか大いに気になりますが、「最後の錬成」も見に行こうと思います。

映画が観れない!

明日は、「鋼のの錬金術師 完結編・復讐者スカー』を見に行く日。

5年前に公開された前作は、どっからどう見ても大泉洋にしか見えないショウ・タッカーが、かなりぶっ飛んだ悪党として幅を利かせ、ハクロ少将が第5研究所で人形兵を動かして自爆したりと、怒涛のオリジナル展開で、ファンをドン引きさせてたけれど、今回は、それを反省して、原作に忠実なビジュアルとストーリー展開だそうだから安心ね。

あの闘いも、この闘いも生身の人間で再現したらどうなるのか、すごく楽しみだわ。

ワクワクしながら眠って、目が覚めたら上映時間の40分前⁉

どうして誰も起こしてくれなかったのよー!

え、映画館は家から近いから大丈夫でしょって…それでも、今からじゃギリギリよー!!

座席指定して予約したんだから、間に合わなかったらチケット代を損しちゃう。

大あわてで映画館着いたけど、上映5分前。

急いで発券しよなきゃ。

あれっ?チケット代1,100円?

そんなに安かったっけ?ていうか、もうお金払って…

えっ?これじゃない?

声をかけられて、そちらを見ると、シアター入り口前に何かの受付が…

チケットの交換はこちらです?

呼ばれるまま、そこで受けつけすることに。

え、引換番号じゃなく氏名を書くの?

頭上ではてなマークが飛び交っている私にかまわず、受付嬢とその隣にいるおっさんはテキパキと手続きを進めていく。

て…金額5,300円てどういうこと!?

はっ?全国どこの劇場でも使える回数券?

いやいやいや。そんなの買いに来たわけじゃないからっていうか、上映間近のシアター入り口で営業すんなっ!

やだー、変なのに引っかかっているうちに、上映時間すぎちゃったじゃない。

途中から観るのもなー。

どうしよう。キャンセルできないよなー。

え、キャンセル専用機?

返金してくれるの?

こんな親切なサービスあったんだ。

嬉々として操作ボタンをタッチ。

おおーっ。本当に現金が出てきたー。

えっあれ?

何これ。

返金口から出てきたものをよく見ると、全然見たこともない種類の紙幣と硬貨。

何じゃこりゃー!

というところで、目が覚めた。

ああ、そうだ。

昨夜興奮してなかなか眠れなかったから、家を出るギリギリまで仮眠してたんだっけ。

時計を見ると、出発時間の30分前。

ああ良かった。夢だったんだ。

ビックリしたなー。

そうよね。よく考えたら変なことだらけだったわ。

支払い済みなのにチケット代請求する発券機とか、上映前のシアター入り口の営業とか。

謎のお金が出てくる返金マシーンか…

あまりにユニークな夢だったので、文字起こししました。

楽しんでいただけたでしょうか。

え?それで、現実の映画には間に合ったのかって?

はい。余裕で間に合ってスムーズに発券できました。

映画の感想は…後ほど。

 

 

 

 

 

 

映画「鋼の錬金術師完結編」気になるポイント3つ

5年前に映画化され、ファンの間では酷評の実写映画「鋼の錬金術師」の続編「鋼の錬金術師完結編」が5月と6月に公開されます。

はっきり言って前作は、興行的にギリギリヒット作となったものの、「やらない方が良かった」失敗作。

にもかかわらず続編が制作されたのは、ひとえに、原作者である荒川先生が気に入ってくれたのが大きいですね。

前作の撮影現場は、かなり雰囲気が良かったようで、当時から続編を作りたいとキャストスタッフ共に切望していたようです。

そして、漫画連載20周年の記念事業として、続編の制作が決定。

復讐者スカー/最後の錬成の2本連続公開という1大プロジェクトに。

原作の最終話まで描き切ったというだけあって、お金のかけ方が前回と比べ物にならないのは、素人目にもわかります。

公式サイトで公開されている予告動画を見ても、今回は違うぞという雰囲気が。

まず、今回はメインキャラクターがすべてキャスティングされています。

そして、再現率も高い!

はっきり言って、前回はパスしたけど今回は劇場で観ようと思っています。

とはいえ、前作は原作のエピソードを取り入れているものの、かなりオリジナルな展開。

それの続編ですので、原作準拠にできない部分も出てくるのは必至。

という事で、新作映画で気になるポイントを紹介していきます。

鋼の錬金術師完結編の気になるポイント

完結編で気になるポイントは次の3つ。

  1. 前作で端折ったた部分はどこまで再現されるのか
  2. 前作で死亡したキャラが絡むシーンはどうなるのか
  3. 実写で登場しないキャラは誰か

2017年に公開された「鋼の錬金術師」は、コミックスの4巻くらいまでが描かれていました。

しかも、ストーリー展開の都合から、スカーやアームストロング少佐など、早い段階から登場するキャラがいないという事態が。

完結編では、この2人とも出てくるわけですが、端折った分のつじつま合わせがどうなるのか気になります。

また、ラストとグラトニーがスカーを襲うシーンも、ないかもしれませんね。

そして、原作では最後まで生きていたドクター・マルコーですが、ラストによって殺害されてしまっています。

マルコーさんは、要所要所で意外な活躍をみせてくれていたキャラ。

過去を償おうとする姿が、恨みや憎しみに蝕まれていたスカーを、良い方向へ導いた人物でもあります。

彼抜きで、緩やかに変化していくスカーの心境をどう表現するのか興味ありますね。

そして、前作の後半でアルも手合わせ錬成ができるようになるのですが、そのきっかけを作ったのはショウ・タッカー。

原作では、マーテルの血を浴びたことで、真理の扉を開けた記憶を取り戻し、できるようになります。

という事は、デビルネストのくだりはカットされる可能性が。

この他にも気になるところがあるので、紹介しますね。

スカーはどうやって陰謀を知るのか

アメストリスと国家錬金術師への復讐者として登場するスカー。

原作では、イシュバール殲滅戦の陰で行われていた軍の実験や、ホムンクルス一派の計画をマルコーによって知らされます。

この大事なシーン。

実写映画ではどうなるのでしょう。

キメラは登場するのか

原作漫画では、軍によって作られたキメラが8体登場します。

そのうち4人は、紅蓮の錬金術師キンブリーの配下として登場しますが、エドとアルの仲間になりホムンクルスたちと戦います。

ですが、予告映像では、影も形もないんですよね。

軍の非道な実験の生き証人たち。

彼らの存在は大きな意味があるので、登場しないのは寂しい気がします。

クセルクセス遺跡に行くきっかけは?

予告編の冒頭、エドがクセルクセス遺跡を歩くシーンがあります。

原作では、ロス少尉が無事であることを知らせるために、ブレダ少尉に連れて行かれるわけですが…

エドは、どういう経緯でクセルクセス遺跡に行くんでしょうね。

まとめ

前作でオリジナルな展開にしたため、「原作とは違うだろうな」と思うところをあげました。

結構ありますよね。

細かいところをあげていけば、「ここが違う」「あそこも違う」が出てくるわけですが、原作の世界観を崩したくないという監督の想いは、予告映像でビンビン伝わってきます。

4年の歳月を経て、山田さんもエドワード・エルリックという役を自分のものにできたようで、かなり良い感じですよ。

撮影現場では、筋トレがブームだったようで、アクションシーンも楽しみです。

前回は観なかったなーという方も、今回は観た方がいいと思いますよ。

鋼の錬金術師 完結編 復讐者スカー/最後の錬成公式サイト